関門なびホーム

2007年 4月 19日

2万人の海峡大遠足!!(海峡ウォーク)

汗ばむような晴天に恵まれた4月15日(日)、第22回維新海峡ウォークが下関市吉田の東行庵をスタート地点に、JR下関駅まで(約30km)とJR門司港駅まで(約28km)の2コースで開催されました。

今年も海上自衛隊小月航空学校隊員の引率による25の梯団(グループ)が、午前8時50分に下関市立吉田小学校グランドを順番に出発。途中、清末小学校、長府乃木さん通り商店街、亀山神社などの関所でチェックを受け、飲食物のバザーを楽しみながら、各々がゴールを目指していました。

朝は肌寒い曇り空でしたが昼前から青空が広がり、参加者たちは新緑眩しい王司の田園地帯や、歴史の佇まいを堪能できる長府城下町、潮風が心地よい関門海峡沿いのウォーキングを満喫していました。
下関市長府松小田本町の長成中学校後藤周平君・和也君兄弟は友達7人と3年連続の参加。「翌日が参観日の代休なのでラッキー!たっぷり歩いて色んなもの食べて、明日は爆睡します」と嬉しそうに語っていました。

この維新海峡ウォークは幕末志士・高杉晋作の没後120周年を記念し1986年(昭和61年)に始まりました。当初は7千人程度でしたが、今では全国から参加者が集う関門地区の春の最大イベントになっています。

維新海峡ウォーク 維新海峡ウォーク

維新海峡ウォーク 維新海峡ウォーク

維新海峡ウォーク 維新海峡ウォーク

維新海峡ウォーク 維新海峡ウォーク